follow-us

カネオヘ湾で出会える生物

カネオヘ湾には巨大な珊瑚がありたくさんの海の生物が生息しています。
その一部をこちらでご紹介します。ここで四種しておけば実際に出会えた時により感動出来ます。

 

 

カネオヘ湾で出会える生物
ハワイ名:
Honu(ホヌ)
英語名:
Sea Turtle
日本名:
アオウミガメ
このカネオヘ湾には沢山のHonuがいます。現在絶滅の危機に面していると云われているこのアオウミガメはアメリカ合衆国の法律で保護されております。世界中の海に生息していますが、カネオヘ湾では殆ど毎日このHonuに出会うことができます。大きな物は1.5メートルほどまで成長し、重さも約375キロぐらいまでになります。もしHonuが海から顔をだしたらアロ~ハ!と言って挨拶をしてあげましょう。
カネオヘ湾で出会える生物
ハワイ名:
Mano(マモ)
英語名:
Sergent Major
日本名:
オヤピッチャ
最大20センチまでに成長し、岸の近くにてよく見かけられます。(サンゴ礁、防波堤等、小生物、プランクトン等を主食として主に単独で生息している。
カネオヘ湾で出会える生物
ハワイ名

 

Humuhumunukunukuapuaa
(フムフムヌクヌクアプアア)
英語名:
Rectangular Trigger Fish
日本名:
タスキモンガラ
世界的に知られている魚、その理由は名前の長さとハワイ州魚として設定されており、いろいろな情報雑誌やインターネット等にて紹介されている。この長い名前の意味はPut things together(物を正しい場所に位置付ける)と言う意味。その他、食用としてはあまり人気はなく、サンゴ礁等にいる。
カネオヘ湾で出会える生物
ハワイ名:
Hinalea(ヒナレア)
英語名:
Bird Wrasse
日本名:
クギベラ
大きな物で30センチほどまでに成長する。ハワイで数多く見られるべら科の一種でどこの岸に行っても生息している。食用としてはあまり人気がない魚。
カネオヘ湾で出会える生物
ハワイ名:
Weke, Oama(ウェケ、オアマ)
英語名:
Yellowstriped Goatfish
日本名:
アカヒメジ

 

成長するとWeke,幼魚のときはOamaと呼ばれている。成長すると20~25センチの大きさになり、幼魚の時はハワイ全島の海岸の砂底に一時生息し、大きくなるにつれて外海に出てゆく。食用としては人気高で幼魚が人間の足の届くほどの浅瀬で夏のシーズン時は、地元の人々が腰まで水につかり釣りをする。
カネオヘ湾で出会える生物
ハワイ名:
Uhu(ウフ)
英語名:
Parrot Fish
日本名:
ブダイ
体の色が性別、種類、歳によって違うのが特徴で、オスは主に青と緑、メスは赤系の色が主体。英語でParrotと言う意味はオウムを意味し、歯がオウムのくちばしに似ているところからこの名前が付いている。大きな物は60センチまで成長し、主に小貝、カニ、海老と海草等を食べている。成長すると単独で行動、幼魚のと時は群れをなしている。
カネオヘ湾で出会える生物
ハワイ名:
Taape(タアペ)
英語名:
Blue Stripe Snapper
日本名:
ヨツスジダイ
最大級は40センチ台に達し深度15~100メートルまでの海中に生息、小魚、えび、イカなどを主食としてる。そもそも1958年にタヒチより取り寄せられた外来魚、生殖旺盛で今ではハワイ全島に渡って見られる。
カネオヘ湾で出会える生物
ハワイ名:
Papio(パピオ)
英語名:
Travally
日本名:
シマアジ
成長するとUlua(ウルア)と呼ばれハワイ全島の海に見られる。食用としては非常に人気が高く評価されている事と、釣ったときの引きの強さで人気がある魚。主食としては他魚、タコ等何でも食べる。成長すると1メートル以上、重さは60キロを超える大物も時々釣りあげられる時がある。
カネオヘ湾で出会える生物
英語名:
Manta ray(マンタ)
日本名:
オニイトマキエイ
世界最大のエイ。大きいものでは身体の横幅8メートル、体重3トンに達する。 サンゴ礁が豊かなカネオへ湾には、プランクトンも豊富でそれを狙うマンタもここに生息する。
BacktoTop